アンチエイジング点滴

 アンチエイジング点滴

主なメニューとして、プラセンタ、高濃度ビタミンC点滴、血液クレンジング療法(オゾン療法)、血液バイオフォトセラピー、キレーションがあります。

アンチエイジングに必須の、抗酸化作用を最大限に実現するには、高濃度ビタミンC点滴がおススメです。

さらに最近では、血液クレンジング療法(オゾン療法)が、体内の抗酸化力を高める方法として注目されており、高濃度ビタミンC点滴との相性もいいことが知られています。

オゾン療法とはどういうものでしょうか?

それは、ヨーロッパで主に行われているオゾンガスを用いた様々な治療法の総称です。大量自家血オゾン療法では、100~200ccの血液を脱血し、そこにオゾンガスを混合、オゾン化した血液を体の中に戻すという治療法です。
英国のエリザベス女王の母クィーンマムは、週に2回オゾン療法を受け、大きな病気をすることも無く、長生きしたのでイギリスでもオゾン療法が注目され、新聞記事にもなりました。

自家血オゾン療法

自家血オゾン療法には、少量自家血(浄化)療法(Minor Autohemotherapy)と、大量自家血(浄化)療法(Major  Autohemotherapy)=MAHがあり、日本では、大量自家血療法のことを血液クレンジング療法とも呼んでいます。
大量自家血療法は100~200ccの血液を専用瓶に採血し、そこにオゾンガスを混合し、オゾン化した血液を体の中に戻すという治療法です。少量自家血療法は3~5ccの血液をオゾン化して、筋肉注射で体の各所に打つという治療法です。

オゾン療法の効果

オゾン療法はどのような疾患に効果があるのでしょうか?
ヨーロッパなどでは、B型C型の肝炎や、HIVのウイルスの増殖を抑えるために用いられています。虚血性疾患に対しては、保険適用にもなっています。狭心症や心筋梗塞など、虚血性心疾患の後にオゾン療法が治療として行われています。他にも、老人性網膜変性疾患、アトピー性皮膚炎などアレルギー・自己免疫疾患にも用いられます。 (投与量により免疫調整作用)、また、免疫力を上げる作用に優れ、がんの補完療法として外科手術後に使用されています。
がんの補完医療では、週2回、5週間を1クールとして、年1・2回繰り返すという形です。また、歯科領域でも使用されていますが、これはオゾンガスの直接的な殺菌作用が主で、上記のような医科でのオゾン療法とは作用機序が少し異なります。

オゾン療法におけるオゾンの投与方法

オゾン療法には自家血療法の他に、様々なオゾン投与の方法があります。
水にオゾンガスを混合したオゾン水は、歯科領域での歯周病治療などに、医科領域では火傷、皮膚の感染症や辱創治療に用いられています。オゾンガスをオリーブ油に固定したオゾン化オリーブ油は、塗布することで、アトピー性皮膚炎や水虫治療に使われています。
またオゾンガスそのものも、潰瘍にガラス瓶をかぶせてガスを入れることで、治癒を促進するという方法で用いられたり、患部にバッグをかぶせてオゾンに暴露したり、リウマチの患者などにはオゾンガスを関節内や関節の周りに注射することで、炎症を治療する目的でオゾン注射が行われます。
オゾンガスは筋肉内投与されることもあり、ガス単体やガスと血液と混ぜたものを、シリンジによって注入します。皮内投与や皮下投与では、鎮痛効果を狙って、トリガーポイントブロックや循環障害の改善目的に使用されています。 静脈路が確保できない場合、老人や子供の場合は、直腸経由でオゾンガスを注入する注腸法もあります。それに加えて、最もポピュラーなオゾン療法の一つが、大量自家血オゾン療法です。

キレーション療法

キレーションは、キレート剤の点滴や内服により身体の中から有害な重金属を排出する、デトックス(解毒行為)の1つです。
私たちは日常生活で知らず知らずのうちに、有害な重金属(鉛、水銀、カドミウム、アルミニウムなど)を体内に取り込んでしまっています。
流入経路は、排気ガスを吸い込んでしまうことであったり、また汚染が進んだ海で獲れた魚介類を食べてしまったり、とさまざまです。一度、体内に取り込んでしまった有害重金属は、通常の代謝では体外に排出されにくく、年月をかけて少しずつ蓄積されてしまいます。
有害な重金属が体内に蓄積されると、フリーラジカルを発生させ、細胞やDNAなどを損傷、酵素反応、免疫力や代謝を低下させてしまいます。
そのため、キレーションによるデトックス(解毒行為)が必要となってくるのです。有害物質の蓄積により弱めてしまった免疫力や酵素反応機能を回復させる等、内的な老化現象を予防できる「予防医療」として、人気のある施術です。
また、自閉症児には水銀蓄積が多いことがわかっており、妊娠前に体内の有害金属を排出することで胎児への移行を予防できます。
当院ではCa-EDTA点滴を行っております。

  • Doctor File vol.8653 櫻井樹院長 医療法人社団鐵櫻会シャルムクリニック(松戸市/秋山)
  • オフィシャルサイト
  • クリニックブログ
  • 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC