アンチエイジング

 アンチエイジング

ホルモン補充療法

20歳代をピークにホルモン分泌量は減り、40歳代で急激に減少、50歳以降は20歳代の頃の半分以下になり、老化が進行していきます。
睡眠・食事・運動のバランスを保つことで体内の必須ホルモン値に影響を与えることはできますが、それだけではホルモン分泌量の減少を止めることはできません。
当院で行っているホルモン補充療法は、バイオアイデンティカルホルモン (ナチュラルホルモン)を補充することで、加齢とともに減少したホルモンを若い頃の状態に戻し、老化現象をストップさせて身体の内外両面を若返らせる方法です。
一般的に行われているホルモン補充療法は、合成ホルモンが用いられていますが、合成ホルモンはヒト固有のホルモンと化学構造が異なる全く別のもので、そのため、体内で異質な代謝物に変化し、有害な副作用の 原因となる可能性・乳がんの原因となる可能性があります。ナチュラルホルモンは、ヒト固有のホルモンと化学構造が同じホルモンであるため、合成ホルモンのような副作用がとても少ないことが特長です。
当院では、自覚症状・血液検査・尿検査・唾液検査から、オーダーメイドのバイオアイデンティカルホルモンを補充できます。月経困難症(PMS)等の女性の方以外では、およそ40歳からの方におすすめです。
※ホルモン補充によって進行するリスクがあるガンの疑いがある場合などは、治療をお断りするケースもありますので御了承ください。

血液検査に基づくサプリメント補充療法

アトピー性皮膚炎など多くの慢性疾患では、血液検査で、さまざまな栄養素・ビタミン・ミネラルの欠乏が発見できます。これは従来の血液検査の解釈ではなく、ノーベル化学賞・平和賞に輝いたライナス・ポーリング博士らにより提唱されたオーソモレキュラー医学に基づく解釈です。人間の体の整合を分子(細胞)のレベルで考え、栄養素を、組み合わせと量を上手に使うことによって、栄養学的/病理学的な作用で、病気を治療/予防しようという考え方です。
私はオーソモレキュラー医学に基づく治療を得意としており、さまざまな栄養素・ビタミン・ミネラルをサプリメントとして補充することを、慢性疾患の患者さまにおすすめいたします。

料金について

  • Doctor File vol.8653 櫻井樹院長 医療法人社団鐵櫻会シャルムクリニック(松戸市/秋山)
  • オフィシャルサイト
  • クリニックブログ
  • 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC