赤ら顔・赤アザ

 赤アザ・赤ら顔 Vビームレーザー治療

生まれつきの赤アザを単純性血管腫、生後数日してから増殖してくる赤アザを苺状血管腫といいます。こうした血管腫の治療としてVビームレーザー治療が保険で認められています。
私は東大病院皮膚科のレーザー外来でチーフを務めていた経歴があり、赤アザの治療に精通しています。
また、酒さなどによる毛細血管拡張、赤ら顔に対してもVビームレーザー治療が保険で認められています。他にも、にきび跡の赤み、傷跡の赤み、ケロイド・肥厚性瘢痕に対しても有効です。

従来はパルス色素レーザーのみが保険適応でしたが、最近になりロングパルスのVビームレーザーが保険適応となり、これにより従来の治療では効果が不十分であったケースにもかなり効果が出せるようになりました。
さらに2016年にVビームの上位機種であるVビームⅡ(VビームPerfecta)レーザーが保険適応となり、従来のVビームレーザーよりも効率的に照射でき、さらに治療効果も高くなりました。
当院ではVビームⅡレーザー治療を導入しております。

しかし、一般論として、色素性病変(しみ・黒アザなど)と比べて、赤みの治療は難しいものです。赤みはすなわち血管によるものですが、血管には様々な太さ・深さのものがあるため、それにより治療に対する反応性が異なってきます。そのため、同じ病変内でも、レーザーがよく効く部位もあれば、全く変化しない部位があることもよく経験します。

したがって、ロングパルスのVビームレーザーを用いても、不十分な結果に終わる ことがあることも十分ご理解いただいた上で、治療を開始いたします。
Vビームレーザーで効果が不十分な場合、保険適応外となりますが、ロングパルスYAGレーザーを行うことができます。

  • Doctor File vol.8653 櫻井樹院長 医療法人社団鐵櫻会シャルムクリニック(松戸市/秋山)
  • オフィシャルサイト
  • クリニックブログ
  • 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC