ダイエット

ダイエット

まずダイエットにおいておすすめしたいのが、メディカル・ファスティング、いわゆる断食治療です。これは、低血糖など様々な副作用を起こさないように専用のサプリメントを併用しながら、3.5日間の断食+13日間の減量食を行い、体重を落とすだけでなく、乱れた腸内環境を整える効果があるため、ダイエットだけでなく、アンチエイジング・美容的な効果も期待できます。
それ以外の方法としては、薬によるダイエット方法として、食欲抑制薬(サノレックス、BBX)、中性脂肪吸収抑制薬(ゼニカル)、低インスリンコントロール薬、L-カルニチン、レスベラトロール、漢方薬、スーパーダイエット点滴があります。当院では、肥満遺伝子の検査を行っており、ひとりひとりの患者さまのライフスタイル・ニーズに合わせた処方を行っております。
また、食物アレルギーが潜んでいて食餌制限してもなかなか痩せにくい方もいらっしゃいます。そのような方の場合、IgG食物アレルギー検査により食物アレルゲンがみつかれば、その食物を避けることによりダイエットがしやすくなりますので、おススメの検査です。

ダイエット

まずダイエットにおいておすすめしたいのが、メディカル・ファスティング、いわゆる断食治療です。これは、低血糖など様々な副作用を起こさないように専用のサプリメントを併用しながら、3.5日間の断食+13日間の減量食を行い、体重を落とすだけでなく、乱れた腸内環境を整える効果があるため、ダイエットだけでなく、アンチエイジング・美容的な効果も期待できます。
それ以外の方法としては、薬によるダイエット方法として、食欲抑制薬(サノレックス、BBX)、中性脂肪吸収抑制薬(ゼニカル)、低インスリンコントロール薬、L-カルニチン、レスベラトロール、漢方薬、スーパーダイエット点滴があります。当院では、肥満遺伝子の検査を行っており、ひとりひとりの患者さまのライフスタイル・ニーズに合わせた処方を行っております。

※点滴療法の詳細(治療内容・副作用・リスク・料金等)についてはこちらをご参照ください

※オゾン療法の詳細(治療内容・副作用・リスク・料金等)についてはこちらをご参照ください

 


また、食物アレルギーが潜んでいて食餌制限してもなかなか痩せにくい方もいらっしゃいます。そのような方の場合、IgG食物アレルギー検査により食物アレルゲンがみつかれば、その食物を避けることによりダイエットがしやすくなりますので、おススメの検査です。

※IgG食物アレルギー検査の詳細(治療内容・副作用・リスク・料金等)についてはこちらをご参照ください

 

<メディカル・ファスティングのリスク・副作用>

・サプリメントを適切に摂取しない場合、低血糖・脱水
・便秘

<内服薬一般の副作用>

・アレルギー
・胃腸症状、肝腎機能障害など

<サノレックスのリスク・副作用>

・依存性
・高血圧
・口渇、不眠、発汗、動悸、便秘など
・緑内障、MAO阻害薬服用中、重度の心・肝・腎疾患、精神疾患、薬物依存者では禁忌

<BBXのリスク・副作用>

・下痢

<ゼニカルのリスク・副作用>

・脂肪便による下痢
・脂溶性ビタミン欠乏症

<ボクリボースのリスク・副作用>

・腹部膨満感、放屁

<SGLT2阻害薬の副作用>

・尿路感染症、腎盂腎炎
・脱水
・他の糖尿病治療薬との併用で低血糖のリスク

 通常価格初回価格
メディカル・ファスティング
(3.5日間)
14,040円
メディカル・ファスティング
(17日間)
46,980円
BBX 10,800円
サノレックス
1錠
640円
ボクリボース
1錠
210円
SGLT2阻害薬
1錠
640円
ゼニカル
1錠
320円
L-カルニチン 250mg
60粒入り
3,240円
  • Doctor File vol.8653 櫻井樹院長 医療法人社団鐵櫻会シャルムクリニック(松戸市/秋山)
  • オフィシャルサイト
  • クリニックブログ
  • 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC