にきび

にきび

毛穴の入り口に古い角質と皮脂が混じりあった角栓ができ、毛穴の内部に皮脂が溜まって白ニキビとなり、そこでアクネ桿菌が炎症を起こすと赤ニキビとなります。炎症の強い赤ニキビはニキビ痕を残すので、しっかりとした治療が必要です。ストレスやホルモンバランスの乱れによって悪くなることも多いです。
重症例ではレチノイン内服・アグネス照射、中等症例では外用療法以外にケミカルピーリングなどを行います。
レチノイン内服は、国内未承認ですが、海外のにきび治療ガイドラインにおいて最重症症例の第一選択薬とされている治療であり、従来の治療で難治であるケースにおいても有用です。一般的に数か月の内服が必要となります。
重症例において内服レチノインを挙児希望や副作用など何らかの理由で使用できない場合や、内服レチノインを終了後に適切な外用療法に移行してもすぐに再発する場合に関しては、アグネス照射がおすすめです。

アグネスは微細絶縁針を用いて、にきび1つ1つに直接RF(ラジオ波)を流し、にきびの発症箇所となる皮脂腺自体を破壊します。壊された皮脂腺は再生しないため、にきびの再発を長期的に防ぐことができます。表皮に熱損傷を起こすことなく、皮脂腺だけにエネルギーが伝わるように設計された、にきびの治療法です。皮脂腺自体を破壊できるため、オイリースキンや毛穴の黒ずみにも有用です。治療翌 日からメイクも可能です。1ヶ月おきに3~5回の治療が必要です。

※アグネスの詳細な治療内容・副作用・リスク・料金等についてはこちらをご参照ください

しかし、ごく稀にそれでも治療に反応しづらいにきびの患者さまもいらっしゃいます。にきびに限らず、多くの慢性疾患では、血液検査で、さまざまな栄養素・ビタミン・ミネラルの欠乏が発見できます。これは従来の血液検査の解釈ではなく、ノーベル化学賞・平和賞に輝いたライナス・ポーリング博士らにより提唱されたオーソモレキュラー医学に基づく解釈です。人間の体の整合を分子(細胞)のレベルで考え、栄養素を、組み合わせと量を上手に使うことによって、栄養学的/病理学的な作用で、病気を治療/予防しようという考え方です。

私はオーソモレキュラー医学に基づく治療を得意としており、さまざまな栄養素・ビタミン・ミネラルをサプリメントとして補充することを、慢性疾患の患者さまにおすすめいたします。

実際、難治のにきびの患者さまの血液検査では、さまざまなビタミン・ミネラルの欠乏が発見でき、レチノイン内服・レチノイン・ハイドロキノン療法に組み合わせてサプリメントを補充したり、IgG食物アレルギー検査や高濃度ビタミンC点滴を併用したりすることで、そのようなにきびも改善することができます。

※IgG食物アレルギー検査の詳細(治療内容・副作用・リスク・料金等)についてはこちらをご参照ください

※点滴療法の詳細(治療内容・副作用・リスク・料金等)についてはこちらをご参照ください

他にも、ピル内服も症例によっては有効なこともあります。

毛穴の黒ずみなど、よりエステティックな治療を希望される方には、ハイドラフェイシャルがおすすめです。

ハイドラフェイシャルは、FDAを取得したピーリング施術で、ダウンタイムが極めて少ないマイルドピーリングにより、美白、ニキビケア、ニキビ痕、小じわ、ターンオーバー正常化など、肌トラブル全般のケアに有用です。

4種類の薬液を使用し、特許取得のハイドロダーマピールで、保水しながら剥離、吸引、塗布を同時に行い、施術直後からお化粧が可能です。

ニキビ、毛穴の黒ずみでお悩みの方、くすみや小じわが気になる方にお勧めの施術です。

※ハイドラフェイシャルの詳細な治療内容・副作用・リスク・料金等についてはこちらをご参照ください

<レチノイン内服の副作用・リスク>

・催奇形性→内服中及び終了後1か月間の避妊必須・献血禁止
・口唇炎、乾燥肌→適宜保湿で対応
・まれにアレルギー

 通常価格
内服レチノイン 10mg 650円
20mg

980円

ケミカルピーリングの治療内容

サリチル酸マクロゴールピーリングは、マクロゴールを基剤にすることにより、皮脂腺から血中へのサリチル酸の移行がなく、皮膚の角層のみに反応しますので、副作用が少なく安全に皮膚表面の古く汚れた角質や、毛穴に詰まった汚れを排除し、新しく綺麗なお肌へと導きます。
5分間のピーリング塗布で、ざらつき感をもたらしていた古い角質が素早く一掃されますので、直後よりつるつるすべすべに変わった肌触りをご実感いただけます。
2週間毎に5~10回程度施術を行い、改善後は間隔を伸ばして維持療法を行います。

■ケミカルピーリング後の副作用■

施術部位の赤み、腫脹、かさつき等がまれに現れることがあります。

■施術を受けられない方■

アスピリン喘息の既往のある方、ピーリング希望部位に湿疹・皮膚炎のある方

 通常価格初回価格
1回 6,500円 5,400円
4回 24,000円

 ー

6回 42,000円  ー

レガート

レガートはプラズマと超音波の2つのテクノロジーを組み合わせた薬剤導入治療です。
ニキビ、ニキビ痕、妊娠線、ケロイド、傷跡、肝斑等の治療に効果的です。
局所麻酔クリームで表面麻酔をした後、皮膚表面でプラズマ専用ローラーを転がし、高周波(RF)によるプラズマを発生させて皮膚表面へのダメージを最小限に抑えながら、表皮-真皮の境界付近までの深さに微小な穴を開け、薬剤塗布後、超音波(インパクト)による圧力を与えることで薬剤を皮下深部まで浸透させます。いわゆるメソセラピー(水光注射等含む)で注入できなかったレチノインなどの成分も導入できるようになりました。
当院の治療内容で言うと、フラクショナルCO2レーザーとメソアクティスを組み合わせた効果が実現できるようになりました。

【プラズマRF(iPixel)の特徴】

・施術後の炎症後色素沈着(PIH)が起こりにくい。(※プラズマはレーザーのようにメラニン等の特定のターゲットに吸収されて熱が発生するのではなく、プラズマ自体が熱を発するため、周辺組織への熱影響が少なく、炎症が起こりにくいため。)
・ダウンタイムが短く、赤み・かさぶたが3~4日程度で落ち着く。
・プラズマの強い殺菌作用により、アクティブなニキビにも効果的。
・プラズマにより皮膚表面へのダメージを最小限に抑えながら皮下に熱を与え(熱作用)、プラズマ粒子の持つ高いエネルギーによって表皮と真皮の境界付近の深さに微細な穴を開けることで(剥離作用)、生体の持つ創傷治癒作用によりコラーゲンの再生が起こり、皮膚表面が滑らかに整う。
・プラズマの熱エネルギーによりコラーゲンの収縮・合成が促進され、肌のハリや弾力が向上する。

【超音波(インパクト)の特徴】

・超音波による強い圧力により、プラズマで開けた穴から薬剤を皮下深部まで導入することが可能。(※通常レーザーやプラズマで開けた穴に薬剤を塗るだけでは、皮膚内部から浸出液が出てくるため、薬剤が皮下深部(真皮)まで十分に導入されにくい。)
・注射等での注入が難しい広範囲の面積にも均一に薬剤を導入できるので、傷跡等を均一に平坦化でき、滑らかな仕上がりになる。

皮膚に穴をあけただけでは薬剤は浸透しません。・超音波による作用で皮下に有効成分を浸透させます。

【施術時間・施術間隔・施術回数】

・施術時間:全顔で10分程度(※施術部位の広さによって若干時間は異なります。)
・施術回数:5~8回(※症状によって治療回数は異なります。個人差はありますが、通常3回目以降から効果を実感いただく場合が多いです。)
・施術間隔:1ヵ月に1回

【施術のリスク・副作用・注意事項】

・治療後に赤み・かさぶたが見られることがありますが、通常3~4日程度で治まります。
・施術中にはプラズマによるピリピリとした痛みがあります(※麻酔クリームによる表面麻酔が必要。)特に、毛穴・にきび・にきび痕治療目的の場合は痛みが強いです。
・施術中に超音波特有の音がします。(※通常すぐに慣れ、気にならなくなることがほとんどです。)
・施術後は保湿し、日焼け止めを塗り紫外線を避けてください。
・施術翌日からメイクは可能です。
・高周波(RF)を使用するため、妊娠中の方、ペースメーカー・除細動器をご使用の方は禁忌です。

美白・美肌レガート

 通常価格

1回

導入希望の薬剤を以下からご選択いただきます。

20,000円+
美白カクテル(肝斑・美白など) 10,000円
美肌カクテル(小じわ・抗酸化・ハリなど) 10,000円
ラエンネック 1,500円
リフター(ひきしめ) 6,000円
トータルカクテル 25,000円

※自由診療初診料3,240円、自由診療再診料無料

※コースの有効期限は3年

 

毛穴・にきび・にきび痕レガート美白・美肌レガート

 通常価格

1回

54,000円

※自由診療初診料3,240円、自由診療再診料無料

※コースの有効期限は3年

ケロイドレガート

 通常価格

1回 狭い範囲

10,000円

1回 広い範囲

超広範囲の場合はお問い合わせください

30,000円

※自由診療初診料3,240円、自由診療再診料無料

※コースの有効期限は3年

  • Doctor File vol.8653 櫻井樹院長 医療法人社団鐵櫻会シャルムクリニック(松戸市/秋山)
  • オフィシャルサイト
  • クリニックブログ
  • 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC